2019年12月02 (月)

虎ノ門法律経済事務所寄附講座にて法友の株式会社電通MCソリューション局シニアディレクター松永 達也 氏が講演を行いました。

2019年12月2日(月)に開催された虎ノ門法律経済事務所の寄附講座「特別講義A」の第10回の授業において、
法友である株式会社電通 MCソリューション局シニアディレクターの松永 達也(まつなが たつや)氏が講演を行いました。

松永氏のご講演の主な内容は、以下のとおりです。

・生活者(広告の受け手)、広告主(広告の送り手)の両者の気持ちを分からないといけない
・日本の広告費 ネット広告が主戦場である
 近い未来、ネット広告がテレビ広告を超える
 ベストテンに、ネット広告代理店が4社
・電通 本社(汐留)、関西支社(中之島)、中部支社(名古屋)
・印象に残る、可視化する、覚えさせる、認識させる、人を集める、感動させる
・アンブッシュマーケティング
・覆面禁止法(香港)
・改正公職選挙法
・航空法(+ドローン規制法) 飲酒操縦禁止へ
・モノの経済からデータの経済にシフト
・英国「デジタル課税」導入へ
・みずほフィナンシャルグループは、LINEと組んで新銀行の設立を発表
・広告業界は、AIやロボットに代替されるか?
・コミュニケーションはすべて人が起点である

松永氏のご講演は、将来、広告業界を志望する学生にとって大きな励みとなりました。

 

 

%e6%8e%a1%e7%94%a8%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0